発注管理がネットショップの運命を分ける

在庫を上手く入れ替えていく

発注管理はネットショップの運命を分ける大事なポイントです。発注数が多すぎると、売れ残ったときに不良在庫を抱えてしまうリスクも増えます。発注数が少ないと、在庫切れなどで販売チャンスを逃してしまうこともあるので注意です。利益を安定的に得るためには、在庫を上手く入れ替えていく発注管理が求められます。在庫を複数の店舗で共有するなど商品を売り切るための戦略も必要です。注文状況などの売れ行きをチェックすれば、発注数も見極めやすくなります。売れたから補充するだけでなく、売れることを想定して発注することも大切です。売上データを元にこれから売れる商品をピックアップしておき、在庫を把握した上で発注を行いましょう。

便利な発注管理システムを導入する

ネットショップを大きく展開させるには、発注管理システムを導入するのがおすすめです。在庫数の調整など、さまざまな作業を自動で行ってくれます。在庫や売上状況から発注数を分析し、チャンスロスも低減できるのが大きなメリットです。バックヤード業務の効率化やコストダウンにもつながります。発注だけでなく、販売や会計管理システムとの連携も可能です。複数店舗を運営する上での手間を減らし、売上の最大化にも貢献してくれます。情報を一元管理することで、経営分析にも活かしやすいのが強みです。発注管理が上手くいけば、配送や決済などその他の業務もスムーズに行えるようになります。発注管理システムは店舗の規模も問わず便利です。

© Copyright Management & Proper Stock. All Rights Reserved.