メリットデメリット、ネットショップの一元管理

作業効率の向上が期待できる所が大きなメリット!

ネットショップにおける一元管理の最大のメリットは作業効率の向上と言えるでしょう。複数のネットショップからの受注を、管理ステータスごとに集約した上で対応する事ができます。受注完了なのか、配送完了なのかなど、どの時間にどのような内容を受付ているかなどの情報が簡単に把握できます。また一度に多くの受注情報を検索する事も可能なため、問い合わせやクレームを長時間放置してしまうような事もありません。
さらに、商品情報を一元管理した場合のメリットもあり、例えば商品やカテゴリ情報などを一元管理しデータベース化できれば、複数モールで情報を共有する事が可能になります。データベース化する事で多くの情報から探したい情報が簡単に見つけられるようになります。

デメリットは複雑化された仕組み!

ネットショップにおいては在庫情報の一元管理も重要な要素であり、様々なメリットをもたらしてくれます。例えば複数の店舗で管理している在庫情報を集約して管理できれば、時間をかけずに在庫情報を一括更新でき、常に最新の情報を把握する事が可能です。
そのため、注文を受けて一つの店舗から商品在庫が減った場合でも、その情報をデータベースに登録すれば在庫情報を迅速に更新する事もできます。
一方、一元管理にはデメリットもあり、その一つが仕組みが複雑化しているという事です。複雑化されている事により情報の錯綜を招き、利用者が混乱してしまう恐れがあり、結果的に一元管理を活かしきれない場合があります。業務を迅速かつ正確に行うには、どの部分に絞って一元管理するかなどの見極めも重要になってきます。

© Copyright Management & Proper Stock. All Rights Reserved.